ここでは、当教会での「礼拝の様子」を録画したYouTube動画を公開しています。そのため、動画の初めには礼拝前の様子や賛美、祈りなどが録画されてあります。メッセージは、動画の開始後10-15分ほどしてから始まります。
メッセージの原稿は、動画の公開後1週間ほどしてから公開しています。

※すぐ下の「YouTubeのボタン」は、八田西CCのYouTubeチャンネルを登録するためのボタンです。もしよろしければ、ぜひ、ボタンを押して、私たちの働きに協力してください。
m(__)m

メッセージの一覧

2021/10/17、マルコ15:1-15、あざけられた救い主

<メッセージの紹介>
今回は、イエス様が十字架にかかられる当日の朝に起こった出来事について学んでいきます。その日、イエス様は朝一番に、①ローマの総督であったピラトのところへ連れていかれます。その後、イエス様は、ガリラヤのナザレ出身だということで、当時、②ガリラヤ地方の国主であったヘロデのところへ送られます。その後でまた、イエス様はヘロデのところへ送り返されて、そこで、ヘロデが③当時の民衆たちに向かって、「釈放してほしいのはイエスか、バラバか、どちらなのか?」ということを問います。

この時、イエス様に接した者たちは、どのようなことを言ったり、どれほど失礼な振舞いをして、救い主として来てくださったイエス様のことをあざけったでしょうか?そういったことから、今回私たちは、人間の醜さや愚かさについて学びたいと思います。そうして、その対極におられるイエス様のご人格や救い主としての品格に触れたいと思います。

願わくは、このメッセージを聞いてくださった皆さんが、ますます、キリストに似た者へ変えられていくことを願います。どうか、このメッセージをお聞きください!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #イエスの裁判 #ピラト #ヘロデ #群衆 #集団心理 #群集心理

2021年10月17日

2021/10/10、マルコ14:53-72、孤高の救い主・3

<メッセージの紹介>
ここ3主日に渡って、私たちは、あのイエス様が十字架にかかられる前夜に、どのような状況に置かれていたのか?イエス様が、どのような心情でおられたのか?ということを可能な限り、聖書のみことばから学ぼうとしています。

そうすることで、私たちが何を優先し、どのようなことを追い求めるべきなのかを、今一度、聖書のみことばからヒントを得たいと願っています。聖書が教えてくれている福音のメッセージは、私やあなたに、最高の祝福と本当に価値ある生き方を与えてくれます。どうか、このメッセージをお聞きください!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #イエスの裁判 #ペテロの否認



2021年10月10日

2021/10/03、マルコ14:43-52、孤高の救い主・2

<メッセージの紹介>
私たち人間とは皆、弱く、また、愚かで、罪深い存在であります。例えば、12弟子であったイスカリオテのユダは、ある時までは隠れて皆のお金をくすねていましたが、とうとう、最後には、イエス様のことを銀貨30枚ほどのお金で売ってしまって、最後には、そのことを激しく後悔して自殺してしまいました。また、イエス様の弟子たちは、イエス様に対して「他の者たちが躓いたとしても、私だけは決して躓きません!例え、イエス様のために命を失おうとも、私はイエス様のことを否定したりいたしません!」と豪語した、その数時間後には、恐怖のあまり、イエス様のことを見捨ててしまいました。

このように、私たち人間はいろんなことを分かっているようで、実のところ、自分自身のことさえ、よく分かっていない場合があります。しかし、イエス様は違います!イエス様は、様々なことをご存知であられ、なおかつ、1度も神様のみこころに反することをしたり、罪を犯されることがありませんでした。

聖書のみことばは、このイエス様こそが、私たち人間に与えられた唯一の救い主であられることを教えてくれています。さて、そのイエス様が十字架にかかられる前夜、イエス様は、どのような状況で、どのような行動をされたでしょうか?イエス様の取られた行動や選択というものは、間違いなく、私たちに勇気と励ましを与えるものであると確信します。どうか、このメッセージをお聞きください!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #ゲツセマネ #口づけ #マルコの家 #二階の広間



2021年10月03日

2021/09/26、マルコ14:26-42、孤高の救い主・1

<メッセージの紹介>
いよいよ、「マルコの福音書の講解シリーズ」も、イエス様の十字架前夜のところまで進んできました。これから後、イエス様は、私たちの罪のため…、私たちに救いの道を備えるために、十字架にかかろうとしてくださっていたのに、弟子たちや大勢の者たちは、そのイエス様から離れ、イエス様のことを見捨てていってしまいます。そのイエス様の心中は、どのようなものであったでしょう?

今回は、そのような苦しい立場に置かれていたイエス様が、お取りになった行動について、また、イエス様がどのように孤独になっていかれたのか?ということを、数週の学びを通して学んでいきたいと思います。イエス様の取られた行動や選択というものは、間違いなく、私たちに勇気と励ましを与えるものであると確信します。どうか、このメッセージをお聞きください!

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #オリーブ山 #ゲツセマネ #祈り #過信 #ペテロ


2021年09月26日

2021/09/19、マルコ14:22-26、主の晩餐と聖餐式

<メッセージの紹介>
今回は「主の晩餐」、つまりイエス様が最後の晩餐の時、弟子たちに教えられた儀式について学んでいきましょう。現在、私たちは、これを「聖餐式」と呼んで、守り行なっています。しかし、ひょっとしたら、私たちは、この聖餐式のことを深く考えることなく、ただ惰性や習慣で出席してしまってはいないでしょうか?

そこで、今回私たちはマルコ14章とⅠコリント11章のみことばから、この聖餐式の時に覚えるべきこと、また、その目的や注意点などについて学んでまいります。願わくは、このメッセージを聞いてくださった皆さんが、ますます、神様の恵みに預かることができますように。どうか、このメッセージをお聞きください!

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #主の晩餐 #最後の晩餐 #聖餐式 #吟味 #初穂

2021年09月19日

2021/09/12、マルコ14:12-21、裏切られた救い主


<メッセージの紹介>
今日は、いよいよ、イエス様たちが「最後の晩餐」を持たれた、あの木曜日に起こった出来事について学んでいきます。言い換えますと、イエス様が十字架上で磔にされる前日であります。そのような日に、イエス様は、どのようなことをされたか?ということを、今回のみことばは教えてくれています。

そこから、私たちは、もう1度、イエス・キリストの正体について、また、イエス様が何を優先し、どのようなことを弟子たちに伝えようとしておられたか?ということなどを学んでいきます。こういったことは、必ずや、あなたの信仰を成長させるだけでなく、あなたに祝福をもたらしてくれるものであると信じます。どうか、このメッセージをお聞きください!

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #過越の食事 #最後の晩餐 #イスカリオテのユダ #裏切り

2021年09月12日

2021/09/05、マルコ14:1-11、あなたは何を愛しますか?


<メッセージの紹介>
あなたは今、何のために、また、何を愛して生きておられますか?果たして、あなたが今、愛しておられるものは、将来、あなたにどんな”価値ある見返り”を与えてくれるでしょう?

今回のみことばは、あの過越の祭りを前にした時、①祭司長たち、②ベタニヤのマリヤ、③イスカリオテのユダが、何を重んじて、どんな行動を取ったかについて教えてくれています。それぞれの結果などを観察しながら、私たちが取るべき選択&行動について考えてみましょう。どうぞ、このメッセージをお聞きください!

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #祭司長 #ベタニヤのマリヤ #イスカリオテのユダ #過越 #ナルド油 #神の小羊 #神の子羊

2021年09月05日

2021/08/29、マルコ13:14-37、世の終わり・2


<メッセージの紹介>
私たちが生かされている、この世は今後、どうなっていくのでしょう?当時、イエス様は、あの荘厳な神殿を前に「この(神殿の)石が崩されず、積まれたまま残ることは決してありません」と教えてくださいました。

今日の礼拝で、私たちは、マルコ伝13章でイエス様が教えてくださった「世の終わり」について、特に、患難時代の後半に起こっていくことについて学んでいきたいと思います。そこから、私たちは、今後、メシアニック・ジューと呼ばれる者たちがどうなっていくのか?また、世の終わりに対して、私たちがどのように備えていくべきなのか?ということについて学んでいきます。どうか、このメッセージをお聞きください。

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #世の終わり #メシアニックジュー #地上再臨 #患難時代 #荒らす憎むべきもの #荒らす忌むべき者

2021年08月29日

2021/08/22、マルコ13:1-13、世の終わり・1


<メッセージの紹介>
私たちが生かされている、この世は今後、どうなっていくのでしょう?当時、イエス様は、あの荘厳な神殿を前に「この(神殿の)石が崩されず、積まれたまま残ることは決してありません」と教えてくださいました。

今日と来週の礼拝で、私たちはマルコ伝13章で、イエス様が教えてくださった「世の終わり」について学んでいきたいと思います。そこから、私たちは、当時のイスラエルが滅ぼされなければならなかった理由や、神様が様々な間違った教えを放っておかれている理由、また、本当に私たちが目を留めるべきものについて学んでいきます。どうか、このメッセージをお聞きください。

※なお、この日の礼拝動画は、最初、動画配信が上手くできていなかったため、礼拝途中(礼拝開始後10分ほど?)からの動画になっておりますので、どうか、ご了承ください。

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #世の終わり #惑わし #空中再臨 #患難時代 #地上再臨 #迫害

2021年08月22日

2021/08/15、マルコ12:35-44、律法学者の功罪


<メッセージの紹介>
悲しいことに、現代、私たちの周りには、たくさんの間違った情報や間違った教えで溢れています。詐欺メールやオレオレ詐欺の電話、フェイクニュースに、新型コロナに関するデマなどもあります。そういった中で、私たちは正しい情報だけを信じて、行動していかなければなりません。

今回、私たちが学ぼうとしているみことばの中で、イエス様は「律法学者たちには気をつけなさい!」と警告してくださっています。それは、当時の宗教家であり、同時に聖書のみことばを教えてくれるはずの律法学者たちの教えが大きく真理から逸脱し、救いに至るようなものではなかったからです。

でも実は、現代も、多くのキリスト教会において、聖書的ではないような、間違った教えが氾濫してはいないでしょうか?どうぞ、あなたの救いのために、また、霊的成長のために、このメッセージを聞いてみてください!

それと、このメッセージでは、「レプタ銅貨を捧げた貧しいやもめ」のことを、いわゆる、美談や信仰者への模範として、イエス様が紹介されたのではなく、当時の律法学者たちの間違った指導によって、必要以上の重荷を負わされ、「やもめの家を食いつぶしている」という律法学者たちによる被害者の実例として紹介させていただいています。

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #レプタ銅貨 #貧しいやもめ #律法学者 #聖書解釈

2021年08月15日

2021/08/08、マルコ12:28-34、1番大切な教え


<メッセージの紹介>
今回、私たちが学ぼうとしているみことばは、あのイエス様が「(聖書の中で)1番大切な命令はこれです!」と教えてくださった内容です。果たして、私たちは、そのイエス様のお言葉や意図を正しく理解できているでしょうか?

実は、現代、多くのキリスト教会において、「まずは、あなた自身を愛しなさい!自分自身を愛せないで、どうやって、神や隣人を愛せますか?」というようなことがさも、聖書の教えであるかのように語られています。しかし、本当に、そういった理解は、聖書の正しい解釈でしょうか?どうか、あなたの救いのために、また、霊的成長のために、このメッセージを聞いてみてください!

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #黄金律 #自分を捨て #自分を愛する #神の国から遠くない

2021年08月08日

2021/08/01、マルコ12:13-27、どこまで頑ななのか!


<メッセージの紹介>
せっかく、天の神様が私たちに良くしてくださっているのに、どうして、私たち人間は救われないのでしょう?どうして、あのイエス様の時代、祭司長たちは神の真理を信じることができず、イエス様を迫害し、十字架へ追いやろうとしたのでしょう?

一言で言うならば、「それは彼らの心が頑なであったから」です。その頑なさのゆえ、祭司長たちは、聖書のみことばをたくさん知っていたのに、救われることがなかったのです。

当時の祭司長たちが持っていた問題や罪は、現代の私たちにも通じます。私たちも、ひょっとしたら、「頑なな心」を持ってしまってはいないでしょうか?ある人たちは、せっかく神様が差し出してくださっている救いの御手を拒み、永遠の裁きへと向かってしまっています。また、ある人たちは、「もう私は救われているから!」と言って、それ以上、神様のことを知ろうとしない、霊的に成長しようしないことがあります。果たして、そのような者たちは本当に救われているのでしょうか?どうか、あなたの頑なな心が砕かれるよう、このメッセージをお聞きください!

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #納税 #権威 #献金 #婚姻関係 #結婚関係 #カウンセリング #キリスト教カウンセリング #聖書的カウンセリング

2021年08月01日

2021/07/25、マルコ11:27-12:12、頑なな信仰者たち


<メッセージの紹介>
誰でも、欠陥住宅には住みたくないでしょう。でも、欠陥住宅の難しいところは、一見しただけでは、その住宅の欠陥を見つけられないところにあります。それと同じで、今から約2000年前、当時の祭司長や律法学者たちも、一見しただけでは「立派な信仰者・良き宗教的指導者」のように見えていましたが、実際には、私利私欲に満ち、神が遣わされた約束の救い主を殺してしまおうとする「極悪人」とも言い得るような者たちでありました。

果たして、そういったことは、彼らだけの問題なのでしょうか?いいえ。実は、聖書のみことばは、「私たちすべての人間が同じような問題(罪、頑なさ、嫉妬)を抱えている!」ということを教えてくれています。どうか、あなた自身の救いと罪の赦しのために、今日のメッセージをお聞きください!

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #権威 #ぶどう園 #ぶどう畑 #礎の石

2021年07月25日

2021/07/18、マルコ11:20-26、神が望んでおられる信仰


<メッセージの紹介>
「どんな願いでも、強く信じるなら、その願いは叶えられる!願い事が叶えられないのは、あなたの信仰が足りないからだ!」というような教えを聞いたことはありませんか?実は、ここ10-20年ほどで、そういったような教えが教会で語られる傾向にあります。

実は、マルコ11章でも、『…心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。』(マルコ11:23)というくだりがあります。こういったみことばは、「どんなことでも、私たちが強く願い、そのことが実現すると信じるなら、必ず、その願いは叶えられる!」というようなことを教えてくれているのでしょうか?

答えを言いますと、それは少し(かなり?)違います。どうか、あなた自身の信仰生活のためにも、今日のメッセージをお聞きください。

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #いちじくの木 #信仰 #赦し #ヤベツの祈り

2021年07月18日

2021/07/11、使徒3:1-8、聖霊の満たし

<メッセージの紹介>
あなたは今、本当に満たされていますか?もしも十分に満たされているなら、「これが欲しい!あれも欲しい!」とはならないはずです。しかし、私たち人間の欲望にはキリが無く、「満足する」ということがありません。

聖書の「伝道者の書」を書いたとされるソロモンは、神様から特別な知恵を与えられて、贅沢の限りを尽くしました。しかし、そんなソロモンでも、「すべては空(≒空虚)である。真の神様を信じる以外に、解決(≒本当の満足)は無い!」ということを教えてくれました。

今回、私たちは、聖書に登場してくる①サマリヤの女、②生まれつき足が悪かった人物、③使徒ペテロなどを通して、イエス・キリストだけが与えてくれる「本当の満足」について考えたいと思います。どうか、このメッセージを聞いてください。

●この日の礼拝は「信徒メッセージ」として、当教会の執事(幸島章介兄)が礼拝メッセージを担当しました。そのため、メッセージの原稿は公開できませんので、ご了承ください。

#八田西キリスト教会 #幸島章介 #使徒の働き #貪欲 #満足

2021年07月11日

2021/07/04、マルコ11:11-19、葉っぱだけの信仰

<メッセージの紹介>
エルサレムの近く(ベタニヤ近郊)で、イエス様は、あるイチジクの木を呪われました。でも、一体どうして、イエス様は、その木を呪われたのでしょう?

実は、その呪われたイチジクの木は、当時のイスラエルを象徴するものでありました。イエス様が、その木を呪われたのは、イスラエルが、彼らの罪のゆえに呪われる運命にあったことを示唆しています。当時のイスラエルが抱えていた「悪しき問題」について、ご一緒に学んでくださいませんか?どうか、この動画をご覧ください!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #いちじく #宮きよめ

2021年07月04日

2021/06/27、マルコ11:1-11、イエスのエルサレム入城


<メッセージの紹介>
イエス様がエルサレムに入城された時、イエス様はろばに乗って、エルサレムに入っていかれましたが、そのロバの性別をあなたはご存知ですか?答えは、このメッセージを聞いてくだされば分かります。

それはそうと、イエス様がエルサレムに入城されるに当たって、イエス様は2人の弟子たちを遣わして、「ろばの子を借りてきなさい」ということをおっしゃいます。それには、どのような意味があったのでしょう?また、イエス様がエルサレムに入城されたという記事は、どんなことを私たちに教えてくれているのでしょう?どうか、一緒に、聖書のみことばを学びましょう!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #エルサレム入城 #ろばの子

2021年06月27日

2021/06/20、マルコ10:46-52、この信仰はあなたを救う!

<メッセージの紹介>
あなたは「何らかの信仰」を持っておられますか?果たして、その信仰は正しいものでしょうか?また、その信仰は、確実に、あなたのことを救い、あなたのことを変えてくれるものでしょうか?

今回、私たちはマルコ伝10章に記されてある「バルテマイ」という盲人が持っていた信仰を参考に、本物の信仰について学びます。どうか、あなたも、ここのみことばから、本物の信仰について学んでください!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #バルテマイ #本物の信仰 #救い

2021年06月20日

2021/06/13、マルコ10:32-45、神が望まれるリーダー

<メッセージの紹介>
今日のみことばでは、イエス様がご自分の受けられる受難(裁きや十字架、復活など)について、3度目の預言をしておられます。しかし、それを聞いた直後でも、弟子たちは、自分たちの待遇や将来の地位についての心配をしておりました。この時点でも、彼ら弟子たちは自分たちのことしか見えていなかったのです…。

さて、そんな弟子たちに、イエス様は、クリスチャンが目標とすべきリーダーシップについて、また、すべてのクリスチャンが実践すべき生き方について教えてくださいました。さて、それはどのようなものだったでしょう?どうか、ご一緒に、聖書のみことばを学びましょう!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #リーダー #ゼベダイの子 #ヤコブとヨハネ

2021年06月13日

2021/06/06、マルコ10:23-31、本物の信仰について

<メッセージの紹介>
あの金持ちの青年役人が悲しみながら去っていった後、イエス様は、裕福な者たちだけでなく、実は、すべての者たちが救われ得ない、ということを教えてくださいました。イエス様だけでなく、この聖書のみことばが教えてくれていることは、救いは、私たち人間の如何なる努力やどの宗教をもってしても得ることはできないということです。

「救いとは、ただ神様の御恵みによって、ただ神様の御業によって、イエス・キリストを信じる信仰によってのみ得られる」というのが、聖書の教えです。しかし、実は近年、多くの教会で、その信仰について、少々間違った理解(=安易な信仰主義)が教えられています。どうぞ、ご一緒に、イエス様が教えてくださった「正しい信仰」について学びましょう!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #信仰 #安易な信仰 #献身

2021年06月06日

2021/05/30、マルコ10:17-22、裕福な役人からの質問

<メッセージの紹介>
ここのみことばは、ある裕福な役人がイエス様のところへ来て「永遠のいのちを得るための方法」について尋ねたことから始まっています。しかし、その時のイエス様は、「(律法の)戒めは、あなたも知っているはずです…」とか、「あなたの持ち物をみな売り払って、それを貧しい人たちに与えなさい」とおっしゃって、どうも、聖書全体が教える福音のメッセージとは違うことをおっしゃっておられるように見えます。

しかし、イエス様は様々なことをご存知で、そういった返答をされたのです。ここのみことばは、私たちが「永遠のいのち」、つまり救いを得るために、とても大切なことについて教えてくれています。どうか、私たちと一緒に、ここのみことばを学びましょう!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #救い #金持ちの役人 #永遠のいのち

2021年05月30日

2021/05/23、マルコ10:13-16、子どもたちを来させなさい!

<メッセージの紹介>
ここのみことばを見てみますと、弟子たちに対して、「イエス様が憤られた!」ということが記されてあります。一体どうして、イエス様は、そんなにも激しく弟子たちのことを叱られたのでしょう?

ここのみことばを通して、私たちは、イエス様が最も大切にしておられたこと…、つまり、永遠のいのちについて、ご一緒に学んでいきたいと思います。今回から始まる、ここ数回のメッセージは、とても大切な部分になります。どうか、私たちと一緒に聖書のみことばを学んでください!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #子ども #信仰 #継承 #責任 #永遠のいのち

2021年05月23日

2021/05/16、マルコ10:1-12、キリスト者の結婚や離婚

<メッセージの紹介>
現代日本において、結婚や不倫、あるいは離婚や再婚という問題は、大きな問題であります。一体、どれほどの方たちが、こういったことで傷つき、悩んでおられることでしょう?

今回のみことばは、イエス様が結婚や離婚、また再婚について教えてくださったみことばです。どうか、一緒に、聖書のみことばに耳を傾けて、神様に喜ばれる結婚観を持つことができますように。そして、ますます、神様の前に価値ある人生を歩んでまいりましょう!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #結婚 #離婚 #再婚

2021年05月16日

2021/05/09、マルコ9:30-50、神が喜ばれる信仰者

<メッセージの紹介>
前回、私たちは、イエス様が不信仰を嘆かれた様子から、悪霊を追い出せなかった12弟子たちの問題と、子どもが悪霊に憑かれていた父親の問題点について学びました。

今回のみことばは、それとは逆に「神が喜ばれる信仰」について教えてくれています。真の神様は私たちに、どういったような信仰を期待し、何を望んでおられるのでしょう?どうか、皆さんの祝福のため、また、皆さんがますます感謝と喜びに満たされた人生を送っていくことができますよう、今回のメッセージをお聞きください。

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #信仰 #忠実

2021年05月09日

2021/05/02、マルコ9:14-29、イエスが嘆かれた不信仰

<メッセージの紹介>
皆さんは、こんなことを考えたことはありませんか?「聖書が教えてくれている本物の信仰と、知識だけの信仰や上っ面だけの信仰とは、どう違うのだろう?」って…。

今日、私たちは、マルコ9章でイエス様が嘆かれた弟子たちの不信仰と、悪霊に憑かれた者の父親の不信仰を見ていくことで、イエス様が期待しておられた「本物の信仰」について考えていきたいと思います。どうか、ご一緒に、聖書のみことばを学びましょう!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書 #不信仰

2021年05月02日

2021/04/25、ピリピ2:12-16、救いの達成に努める


<メッセージの紹介>
一部の人たちは、信仰を持って救われることを、まるで、何かのゴールのように考えて、「もう救われたのだから、何をしても良いのだ!あとは、自分の好きなように生きていこう!」と考えます。しかし、聖書のみことばは、そうは教えません。私たちが信仰を持って救われることは、ゴールではなく、スタートなのです。

じゃあ、聖書のみことばは、救われた私たちに、どういったことを教えてくれているのでしょう?どうか、あなたが神様からの祝福の内に、価値ある人生を歩んでいけるよう、今日のメッセージをお聞きください。

●なお、今回のメッセージは、ゲストスピーカーのため、メッセージの原稿は公開できません。どうか、ご了承ください。

#八田西キリスト教会 #ピリピ人への手紙 #近藤修司 #救いの達成 #聖化

2021年04月25日

2021/04/18、マルコ9:2-13、イエスの変貌

<メッセージの紹介>
「イエス・キリストとは何者なのでしょう?」 私たちは、この問いに対して、正しい答えを出すことが必要です。ある時、イエス様は3人の弟子たちの前で、ご自分の別の姿(あるいは、本性)を明らかにされました。それが、「イエスの変貌(へんぼう)」あるいは、「山上の変貌」と言われるものです。

その出来事を通して、私たちは幾つかの大事なことを学ぶことができます。どうぞ、ご一緒に、マルコ9:2-13のみことばを学びましょう!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書
#山上の変貌 #イエスの神性 #聖書論

2021年04月18日

2021/04/11、マルコ8:34-9:1、イエスに従うとは?

<メッセージの紹介>
今回は、「イエス様についていく」、つまり、「キリストの弟子」ということについて考えたいと思います。正直言って、今回のメッセージは、イエス様を信じておられない方々だけでなく、クリスチャンの方々にとっても、「耳の痛い話」だと思います。

しかし、イエス様は、その語ってくださった多くのメッセージの中で、「形ばかりの信仰者、本当は救われていないクリスチャン」に関する警告を与えてくださいました。今回のようなメッセージは、現代、あまり多くの教会で語られていないものだと思います。でも、だからこそ、どうぞ、このメッセージをお聞きください!

#八田西キリスト教会 #土井義広 #マルコの福音書
#キリストの弟子 #イエスの福音 #自分を捨て #自分の十字架を負う

2021年04月11日

2021/04/04、新約から随所、キリストが復活された証拠

<メッセージの説明>
この日は、1年に1度、イエス様の復活を記念するイースター(復活祭)でありました。そこで、今回は、イエス・キリストの復活が、果たして、実際に起こった事実なのか?それとも、嘘・偽りだったのか?ということを考えたいと思います。

ある意味、残念なことに、私たちは今、復活後のイエス・キリストに直接お会いすることはできません。しかし、聖書のみことばを通して、当時、どのようなことが起こったのか?ある時を境に、どのような変化が始まったのか?ということを検証することによって、イエス様の復活が本当に起こったのかどうか?ということを推察していくことができます。願わくは、今日が、あなたの救いの日となりますように…。

#八田西キリスト教会 #土井義広 #復活 #イースター

2021年04月04日

2021/03/28、ルカ22:47-71、見捨てられたキリスト

<メッセージの紹介>
この日は「イースター(復活祭)」の前、「受難週」ということで、あのイエス様が十字架上で磔にされる直前、そのイエス様のことを見捨てていった者たち(①イスカリオテのユダ、②シモン・ペテロ、③当時の民衆たち)のことを観察していきたいと思います。

と言いますのは、私たちも皆、当時イエス様のことを見捨てていった者たちと同様、欺瞞や偽善、大言壮語や恐れ、あるいは、大勢の流れに負かされて言うべきことが言えなかったり、様々なことが理由で正しいことが実践できないような弱さや愚かさを持ち合わせているからです。どうぞ、聖書のみことばから、ご一緒に学びましょう!

#八田西キリスト教会 #ルカの福音書 #受難週 #イスカリオテユダ #悔い改め #土井義広

2021年03月28日

2021/03/21、マルコ8:27-33、イエスとは何者か?

<メッセージの紹介>
前回のメッセージでは、当時、イエス様が本当に伝えたかったメッセージと、その当時の者たちが(勝手に)イエス様から受け取ったメッセージとの間には「大きな差異」があったということを学びましたが、今回は、そのことがさらに明確になります。

この時、弟子の(リーダー格であった)ペテロは、イエス様が、初めて救い主としての務めを明らかにされたのに、それを受け入れることができず、イエス様のことをいさめて(≒叱って)しまいます。一体どうして、そんなことが起こってしまったのでしょう?ご一緒に、聖書のみことばを学びましょう!

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #土井義広 #ピリポカイザリヤ

2021年03月21日

2021/03/14、マルコ7:31-8:26、あなたの心は開かれていますか?

<メッセージの紹介>
これまでも見てきました通り、イエス・キリストの宣教と当時の者たちとの関心には、”大きな隔たり”がありました。イエス様の方は、神の(国の)話や悔い改め、また、信仰について教えたかったのに、肝心の人々の関心は、イエス様がなしてくださる癒しや奇蹟にばかり、目が向いておりました。

今回の学びでは、イエス様がなしてくださった3つの癒しと、当時のパリサイ人たちと12弟子たちとの問題点を見ていくことによって、私たち人間の持つ頑なさや愚かさ、また、傲慢さということについて学んでいきましょう。

#八田西キリスト教会 #マルコの福音書 #癒し #土井義広

2021年03月14日

2021/03/07、マルコ7:24-30、イエス様が称賛された信仰

<メッセージの紹介>
実は、新約聖書を見た時、イエス様は、どちらかと言うと多くの人たちの信仰に対して、「信仰が薄い」とか、「不信仰だ」とか、「あなたたちの信仰はどこにあるのですか?」とおっしゃって、彼らの信仰があまり模範的なものでないことを嘆いておられます。

しかし、数は少なくても、イエス様はある時に「あなたの信仰は立派です」とおっしゃって、ある人たちの信仰を称賛されたように見えることがあります。今回は、その内の一人である「カナン人の母親の信仰」を通して、本物の信仰について、あるいは、神様の喜ばれる信仰について、ご一緒に考えていきましょう!

2021年03月07日

2021/02/28、マルコ7:14-23、人を汚すもの

<メッセージの紹介>
私たち人間社会には、どこに行っても、様々な種類の「差別」があります。今から2000年前のユダヤ人たちも、異邦人たちのことを見下し、汚れていると見なして差別をしておりました。だから、イエス様の時代に生きていたパリサイ人たちは「手を洗うこと、身を清めること」にこだわっていたのです。

しかし、イエス・キリストはおっしゃいます、「あなたたちの外側にあるものは、あなたたちのことを汚すことはない!あなたたちの内側にあるものが、あなたたちのことを汚すのです!」と。果たして、イエス様は、どんなことを教えてくださったのでしょう?

それと、今回のみことばを受けて、現代の私たちは、どのようなことを教訓として、何をして、どのように生きていくべきなのでしょう?どうか、ご一緒に聖書のみことばを学びましょう。

2021年02月28日

2021/02/21、マルコ7:1-13、宗教に救いなし

<メッセージの紹介>
イエス・キリストは、この時、パリサイ人たちからの質問に対して、預言者イザヤの言葉を引用しながら、「コルバン(=ささげもの)」のことを例に挙げて、当時のパリサイ人たちの問題や間違いについて指摘されました。

果たして、当時のパリサイ人たちの問題とはどのようなものだったでしょうか?また、彼らが抱えていた問題は、彼らだけのものなのでしょうか?今回、私たちは、そういったことについて学びつつ、私たちの心が抱えている問題について考えていきましょう。

2021年02月21日

2021/02/14、マルコ6:45-56、湖の上を歩かれたイエス

<メッセージの紹介>
前回の「5000人の給食」に続けて、この時も、イエス様は12弟子たちを訓練するために、あえて、このような環境を彼らに与えられました。そのようにして、イエス様は、様々なことに(≒すべてのことに)目的をもって、行動しておられました。

果たして、この時の弟子たちは、イエス様から与えられた課題で合格点をいただくことができたのでしょうか?また、神様は今、私たちに対しても同じような目で見ておられます。果たして、私たちは神様に喜ばれるような歩みができているでしょうか?真の神様は不可能を可能にすることがお出来になります。そういったことを、ご一緒に学びましょう!

2021年02月14日

2021/02/07、マルコ6:30-44、5000人の給食

<メッセージの紹介>
イエス様は、ある時、「5000人もの人たちの空腹を満たす」という奇蹟をなしてくださいました。しかし、ここのみことばが教えてくれているのは、それはただ、イエス様がパンや魚を増やすという奇蹟を行なってくださったというだけでなく、12弟子たち(=十二使徒)に対する「訓練の一環」でもありました。

一体、この時、イエス様は十二使徒たちに、どのようなことを教えたかったのでしょう?また、イエス様は、今の時代の私や皆さんに、どのようなことを期待しておられるのでしょうか?どうぞ、ご一緒に聖書のみことばを学びましょう!

2021年02月07日

2021/01/31、新約から随所、みこころにかなった結婚・2

<メッセージの紹介>
前週に引き続いて、この日は「神様のみこころにかなった結婚」というテーマで聖書のみことばから学びました。前週は、主に旧約聖書のみことばからユダヤ人たちに教えている結婚について、そして、この日は、新約聖書のみことばから、クリスチャンが考えるべき結婚について学びました。

現代では、結婚するカップルの内3組中1組が離婚されると言われています。結婚という選択は、本当に難しいもので、そのカップルだけでなく、その子どもたちの人生をも大きく左右します。ぜひ、ご一緒に聖書のみことばに耳を傾けて、神様からの祝福に満ちた結婚、また、神様に喜ばれる結婚ということについて考えてみましょう!

2021年01月31日

2021/01/24、旧約から随所、みこころにかなった結婚・1

<メッセージの紹介>
この前週、私たちは「ヘロデ王が間違った結婚をした」ということを学びました。では、「正しい結婚=主のみこころにかなった結婚」とは、具体的にどういったようなものでしょうか?

昨今「結婚なんていう制度は、私たち人間の必要や考えに即していない。だから、私たちは結婚しません」なんていう若者が増えてきています。そこで、今回は、聖書のみことばが教える「正しい結婚」について学ぶ機会を持ちました。様々な価値観や考えや増えているからこそ、聖書のみことばに耳を傾けてください。

2021年01月24日

2021/01/17、マルコ6:14-29、ヘロデの過ちと彼の罪


<メッセージの紹介>
人の外見は一目瞭然ですが、肝心な「人(ひと)となり」や「人間性」というようなものは、なかなか見えてこないし、判断が難しいところではないでしょうか?

マルコ伝6:14-29のみことばは、ヘロデ王とバプテスマのヨハネに関する「人間性」について教えてくれています。ヘロデ王は、バプテスマのヨハネのことを慕い、保護していましたが、最後には彼を殺してしまいました…。一方、バプテスマのヨハネの方は、神様のみこころを重んじるばかり、国主であったヘロデに対しても躊躇することなく、彼の問題を指摘しました。そういったことから、私たちは、クリスチャンとして、どのように生きていくべきなのか?また、本物の信仰とは、どういったものなのか?ということについて考えさせられるはずです。どうぞ、このメッセージをお聞きください。

2021年01月17日

2021/01/10、四福音書から随所、十字架での七言

<メッセージの紹介>
「人の本性は、その人が窮地に陥った時に分かる…」みたいなことを言われることがあります。それが本当かどうか分かりませんが、今回、私たちは、あのイエス・キリストが「十字架」という大変な状況下で発せられた「七つの言葉」に注目してみました。

そこから明らかになったのは、イエス・キリストの正体であります。イエス様は、”たまたま”十字架に磔にされたわけでも、誰かの陰謀によって殺されたわけでもありません。イエス様は、目的をもって、自ら進んで、あの十字架にかかられたのです!ご一緒に、イエス様が発せられたお言葉に注目して、イエス様の正体を見極めましょう!

2021年01月10日

2021/01/03、ルカ10:25-37、きみは愛されるため生まれた?

<メッセージの紹介>
近年、「きみは愛されるため生まれた」というゴスペルソング(≒ワーシップソング)が多くのキリスト教会で賛美されています。しかし、この「きみは愛されるため生まれた」というフレーズ(言い回し)は、聖書的なのでしょうか?

実は、私たちは、この「きみは愛されるため生まれた」というフレーズが、あまり聖書的でなく、かつ非常に問題のある表現だと考えています。果たして、聖書のみことばは、「私たちが愛されるたに生まれた」ということを教えてくれているのでしょうか?

それと、イエス様は、私たちにどのようなことを期待してくださっているのでしょう?どうぞ、「良きサマリヤ人の例え」を含むルカ10章25-37節のみことばから、ご一緒に学びましょう!

2021年01月03日

2021/01/01、黙示録2:1-5、初めの愛に立ち返れ!


<メッセージの紹介>
皆さんは、信仰を持って何年ほどになりますか?私たちは、信仰を与えられた頃に持っていた情熱や熱心さを、その後もずっと継続して持ち続けることが難しい生き物です。しかし、黙示録2章のみことばは、当時のエペソ教会に対して、「あなたは初めの愛から離れてしまった…。悔い改めよ!」ということを教えてくれています。果たして、これは、その当時のエペソ教会にだけ当てはまる みことばでしょうか?

どうぞ、共に、黙示録2:1-5のみことばを学びましょう!そうして、ますます、主に喜ばれる兄弟姉妹として生きていきましょう!

2021年01月01日

2020/12/27、ルカ13:1-9、悔い改めは、あなたにも必要です!


<メッセージの紹介>
この日は、年末最後の主日礼拝ということもあって、「悔い改め」というテーマについて考えてみました。聖書のテキストは、ルカ伝13:1-9のみことばでした。果たして、聖書が教える「悔い改め」とは、どのようなものなのでしょう?それは、ただ単に、私たちの理解や考えが変わる”だけ”なのでしょうか?

それと、一部のクリスチャンたちは「悔い改めとは、イエス様を信じる時に必要であって、イエス様を信じる信仰で救われたクリスチャンたちには、もう悔い改めは必要ない…」と考えます。果たして、聖書のみことばは、そういったことについて、どのように教えてくれているでしょうか?ご一緒に、聖書のみことばを学んでみましょう!

2020年12月27日

2020/12/20、随所、クリスマスをお祝いする理由


<メッセージの紹介>
「クリスマス」は、「イエス・キリストの誕生をお祝いする日」です。しかし、イエス・キリストは今から約2000年前の人物です。そのイエス・キリストの誕生が、現代に生きる私たちと、どのような関係があるのでしょう?また、イエス・キリストとは、どのようなお方だったのでしょう?

この日は「クリスマス礼拝」ということで、イエス様が、どういった点で私たちと違っていたのか?「イエス様だけが持っておられた5つの特徴」について、簡単に聖書の随所から学びました。まだクリスチャンでない方に聞いていただきたいメッセージです。

2020年12月20日

2020/12/13、ヨハネ12:1-3、マリヤの捧げものから教わる献身とは


<メッセージの紹介>
この日は、ヨハネ伝12:1-3のみことばを中心に、「すべてのクリスチャンがなすべき証しや奉仕、また献身」について教わりました。果たして、私たちクリスチャンは週に1度だけ教会に来て礼拝を守るだけで良いのでしょうか?また、奉仕についても、つい私たちは他の人たちと比べてしまいがちです。そうして、献身ということについても、一部の人たちは、そういったことは牧師や宣教師などの特別なクリスチャンだけに関係あると考えがちです。どうぞ、①証し、②奉仕、③献身ということについて、ご一緒に聖書のみことばから考えてみましょう。

●この日の礼拝は「信徒メッセージ」として、当教会の執事(幸島章介兄)が礼拝メッセージを担当しました。そのため、メッセージの原稿は公開できませんので、ご了承ください。

2020年12月13日

2020/12/06、ルカ1:38、イエスの母マリヤの信仰


<メッセージの紹介>
イエス様の母となったマリヤは、どのような信仰者であったでしょうか?正直、マリヤの信仰について、聖書はあまり多くのことを語ってはいません。しかし、御使いガブリエルから、まだ処女であった自分を通して、救い主イエスが与えられると聞いた時、マリヤの信仰は明らかにされます。

人は試練や困難を経験した時にこそ、その人の信仰(や内面の強さ)が明らかにされます。ルカ1:38のみことばから、マリヤの信仰を通して、そのマリヤが信じ仕えていた神様の素晴らしさについて考えてみましょう!

2020年12月06日

2020/11/29、マルコ6:1-13、不信仰な者たちと忠実な者たち


<メッセージの紹介>
ここマルコ伝6:1-13では、イエス様の郷里であったはずのナザレの者たちが、『イエスにつまずいた…』と聖書には記されてあります。一体どうして、彼らはイエス様につまずいてしまったのでしょう? また、それとは逆に、イエス様の弟子たちには、汚れた霊を追い出す権威が与えられました。果たして、彼らは、どのようにして、その務めを果たしたでしょうか?

現代、一部のキリスト教会では、悪霊を追い出したり、病を癒したりすることを1番(前面)に打ち出して、宣教の働きをしたり、そういったことがさも福音のメインテーマであるかのように教えています。アメリカなどで流行している「繁栄の神学」なども、そういったものの一種でしょう。しかし、聖書のみことばは、イエス様や弟子たちが「罪の赦しを得させる悔い改め」を宣べ伝えたのであって、癒しや奇蹟などがメインではないと教えてくれています。どうか、このメッセージを聞いてみてください。

2020年11月29日

2020/11/22、マルコ5:21-43、困難の中にあるからこそ


<メッセージの紹介>
ここマルコ伝5章の後半で、イエス様は、12年間も『長血』を患っていた女をいやし、また、1度亡くなってしまったはずの、会堂管理者の娘を生き返らせるという奇蹟を行なわれました。一体、このイエスというお方は何者なのでしょう?あなたは、どのように思われますか?

それと、イエス様の奇蹟を目の当たりにした、当時の者たちの熱狂ぶりはいかばかりだったでしょう?その時、イエス様の周りには、たくさんの者たちが集まって、ごった返していたと聖書にはあります。しかし、イエス様は、その少女を生き返らせた後、『このことをだれにも知らせないようにと、きびしくお命じにな(った)』とみことばには記されてあります。一体、これは、どういうことなのでしょう?また、私たちは、こういったみことばから何を学び、どのように、このみことばを実践していくべきでしょうか?どうぞ、このメッセージをお聞きください。

2020年11月22日

2020/11/15、マルコ5:1-20、悪霊たちでさえ従うイエス


<礼拝メッセージの紹介>
ここマルコ5:1-20には、イエス様が、ある人物から悪霊を追い出したことが記されてあります。しかし、当時のゲラサ地方の人たちは、そんなイエス様のことを追いやってしまいました。それは何故でしょう?

そもそも、イエス・キリストとは一体何者なのでしょう?この方は「キリスト教の開祖」と言うべきでしょうか?それとも、天の父なる神が遣わされた「約束の救い主」なのでしょうか?はたまた「稀代の嘘つき」でしょうか?

聖書のみことばによれば、この判断は、私たちの人生の方向性を大きく変えるだけでなく、あなたの永遠をも左右する問題です。どうか、決して、いい加減に済ませることなく、このメッセージを耳を傾けてください。

2020年11月15日

2020/11/08、マルコ4:35-41、あなたの信仰は働いていますか?


<メッセージの紹介>
ここマルコ伝4章で、イエス様の一行はガリラヤ湖で嵐に遭います。その時、小舟に乗っていた弟子たちは、嵐のため転覆しそうな状況にあって、イエス様に助けを求めます。しかし、イエス様は、その弟子たちを見て、「信仰が無い!あなた方の信仰はどこにあるのですか?」と言って、弟子たちを叱られます。

果たして、弟子たちの何が問題であったのでしょうか?また、現代の私たちも、新型コロナウイルスを始め、たくさんの困難や逆境という嵐の中で耐えています。果たして、私たちは、イエス様が与えてくださるような『神の平安』を持ち続けることができるのでしょうか?どうか、このメッセージをお聞きください。

2020年11月08日

2020/11/01、マルコ4:21-34、私たちの救いと神の主権


<メッセージの紹介>
イエス・キリストは、ここマルコ伝4章で、『聞く耳のある者は聞きなさい。』、『聞いていることによく注意しなさい。』ということを教えてくださいました。と言うのも、私たちは、神のみことばをどのように聞き、それに対して、どう応答するかで、その神様から祝福を受けられるか否かが決まるからです。

果たして、あなたは、どのような聞き方で、神のみことばを聞いておられるでしょうか?実は、そこにこそ、私たちの人生の「ターニングポイント」があるのです。どうか、このメッセージに対しても、真剣に、あなたの耳を傾けてくださいますようにお願いいたします。

2020年11月01日

2020/10/18、マルコ4:1-20、神のみこころと4種類の反応


<メッセージの紹介>
ここマルコ4章前半のみことばは、「道ばた、岩地、いばらの中、良い地」という4つの場所に蒔かれた種の例え話がなされています。あまりに有名な例え話ですが、多くの人たちが”その真意”を理解できていません。果たして、あなたは「神様のみこころ」を知ろうとして、本当に努力しておられますか?

イエス様は、ここで「よく聞きなさい!」とか、「聞く耳のある者は聞きなさい!」とおっしゃって、民に警告をしてくださっていますが、この当時も今も、あまりにもたくさんの人たちが、心を頑なにして、神様のみことばに心を閉ざしていたり、感情的になって、その場の雰囲気で流されてしまっていたり、正しい信仰を知らず、真の神様以外のものを優先してしまったりしています。どうか、イエス様の警告に耳を傾けてください。

2020年10月18日

2020/10/11、マルコ3:31-35、家族に関する優先順位


<メッセージの紹介>
ここのみことばでは、イエス様が宣教をしておられる最中に、ガリラヤのナザレから、イエス様の母マリヤとイエス様の弟たちがイエス様に会うため、はるばるとやって来たことが記されてあります。しかし、その時のイエス様は、母マリヤや弟たちと会おうとされませんでした…。

果たして、イエス様は、信仰の友(≒教会の仲間)を肉親よりも優先されたのでしょうか?あるいは、私たちは、信仰の家族(教会の兄弟姉妹)を肉親や家族以上に優先すべきなのでしょうか?一体、聖書のみことばは、そういった優先順位について、どう教えてくれているでしょうか?聖書からご一緒に確認していきましょう。

この日は、教会で臨時の会員総会があったため、礼拝(メッセージ)の時間が少し短くなっております。

2020年10月11日

2020/10/04、マルコ3:20-30、赦されない罪


<メッセージの紹介>
ここマルコ伝3章で、イエス様は『人はその犯すどんな罪も赦していただけます。また、神をけがすことを言っても、それはみな赦していただけます。しかし、聖霊をけがす者はだれでも、永遠に赦されず、とこしえの罪に定められます。』ということを教えてくださいました。

しかし、『聖霊をけがす』罪とは、具体的にどういったような罪でしょう?そのような罪を犯してしまったら、もう、その人は、信仰をもってしても救われ得ないのでしょうか?こういった理解は、私たちの永遠をも左右する問題かも知れません。どうぞ、ご一緒に、ここのみことばについて考えてみましょう。

2020年10月04日

2020/09/27、マルコ3:13-19、十二使徒たちの選任


<メッセージの紹介>
ここのみことばで、イエス様は、あの12人を”特別な弟子=使徒”として任命しておられます。その直前、イエス様は山に登って、一晩通して祈っておられます。そこから、私たちは何を学ぶべきでしょうか?また、そもそも、クリスチャンにとって”祈り”とはなんでしょうか?ひょっとしたら、私たちは、クリスチャンになる前とほとんど変わらない祈りを捧げてしまっていないでしょうか?

それと、その12弟子の中にはあの裏切者がおりました。イエス様は、そういったことを予見できなかったのでしょうか?そういったことを、ここのみことばを通して、ご一緒に学んでいきましょう。

2020年09月27日

2020/09/20、マルコ3:7-12、人々の熱狂とイエス様の思い


<メッセージの紹介>
当時、イエス様が大勢の病をいやしてくださったことにより、人々は熱狂してイエス様の後を追い回しました。しかし、イエス様は、そういったことを喜ばれたでしょうか?また、イエス様は、「いやし」や「しるし(神の奇蹟)」を誘い水にして、民衆たちを寄せ集めて福音のメッセージを語られたでしょうか?

ここのみことばは、私たち人間の持つ弱さと、それを知るイエス様との間に、明らかなギャップがあったことを教えてくれています。私たちは、イエス様を模範とするからこそ、宣教においてもイエス様から学ぶべきではないでしょうか?

2020年09月20日

2020/09/13、マルコ3:1-6、安息日に行なうべきこと


<メッセージの紹介>
ここのみことばも、”安息日に”片手のなえた者をいやされたイエス様に対して、パリサイ人たちが非難をしている様子を見ることができます。そういったこともあって、この日も、前週に続いて、「安息日の規定を与えられた神様の意図(=みこころ)」について考えてみました。

果たして、天の神様は、どのような意図をもって、安息日の戒めを与えられたのでしょう?本当に、神様は、「安息日には、どんないやしも…、どんな良い業もしてはならない!」ということを願っておられたのでしょうか?

2020年09月13日

2020/09/06、マルコ2:23-28、あなたの主人は誰ですか?


<メッセージの紹介>
ここのみことばでは、安息日についてパリサイ人がイエス様に質問を投げかけています。そもそも、一体なぜ、神様は「安息日」などを定められたのでしょう?神様は、ただ、ユダヤ人たちが「何の仕事もしない」ために安息日を定められたのでしょうか?残念なことに、イエス様の時代、パリサイ人たちは何も分からず、安息日の戒めを守っていると勘違いをしておりました。しかし、彼らパリサイ人たちは、一番肝心な神様のみこころを分かってはおりませんでした。

現代の私たちも、知らず知らずの内に、当時のパリサイ人たちと同じような過ちに陥ってしまっているかも知れません。イエス様の語ってくださったアドバイス(真理)に耳を傾けましょう。

2020年09月06日

2020/08/30、マルコ2:18-22、多くの者たちが主を信じない理由


<メッセージの紹介>
様々な宗教で、「断食(だんじき)」という「一定期間、食事を断つ行為」がなされているようです。確かに、聖書の中にも、断食という行為が登場してきます。しかし、多くの人たちは断食を間違って理解してしまって、そのため、せっかくの断食が意味の無いものとなってしまっていたり、そのことでもって、神様からの祝福を失うきっかけになってしまっていることがあります。例えば、聖書の中に登場してくるパリサイ人たちがそうでした。

私たち人間は、最初は喜んでしていたことが、いつの間にか、知らず知らずの内に、単なる習慣になってしまっていたり、義務感からしてしまっていることがあります。果たして、そういった行為を神様が喜んでくださるでしょうか?今回のみことばは、そういったことについて教えてくれています。

2020年08月30日

2020/08/23、マルコ 2:13-17、イエス様の招き


<メッセージの紹介>
時々「教会とは、聖人君子のような”良い人間が集まる所”である…」という間違ったイメージを持っておられる方がおられます。しかし、聖書はそう教えません。教会とは「神によって罪を赦された罪人たちの集まり」です。イエス・キリストは、当時、品行方正であった律法学者やパリサイ人たちよりもむしろ、人々からさげすまれていた取税人や罪人呼ばわりされていた人たちに話しかけられ、福音のメッセージを語ってくださいました。それは、取税人たちの方が、自分の罪深さを自覚していたからです。

『医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。』というイエス様のお言葉に、どうか耳を傾けてください。

2020年08月23日

2020/08/16、マルコ2:1-12、信仰ゆえの非常識?・2


<メッセージの紹介>
私たちクリスチャンは、しっかりとした分別を持って、非常識な言動を慎むべきです。しかし、私たちは全知全能かつ、愛と恵みに富んだ神様を信じているがゆえに、時として、信仰を持っておられない人たちからすると、驚くようなことができてしまったり、素晴らしいことを経験できたり、多少強引なことをしてしまうかも知れません。しかし、それらは皆、真の神様を信じたがゆえ、救われたゆえです。どうか、まだ信仰を持っておられないあなたにも、この神様を信じて、私たちと同じように変えられていただきたく思います。

2020年08月16日

2020/08/09、マルコ2:1-5、信仰ゆえの非常識?・1


<メッセージの紹介>
私たちクリスチャンは、しっかりとした分別を持って、非常識な言動を慎むべきです。しかし、私たちは全知全能かつ、愛と恵みに富んだ神様を信じているがゆえに、時として、信仰を持っておられない人たちからすると、驚くようなことができてしまったり、素晴らしいことを経験できたり、多少強引なことをしてしまうかも知れません。しかし、それらは皆、真の神様を信じたがゆえ、救われたゆえです。どうか、まだ信仰を持っておられないあなたにも、この神様を信じて、私たちと同じように変えられていただきたく思います。

2020年08月09日

2020/08/02、マルコ1:21-45、イエス様の優先順位


<メッセージの紹介>
私たちが、あのイエス・キリストを模範として生きていくためには、「イエス様が持っておられた優先順位」を知ることが重要です。果たして、イエス様は、どのような優先順位を持っておられたでしょう?ここのみことばからは、①行ないと動機、②肉体の休息と祈り、③肉体の癒しとたましいの救い、④感情と聖書のみことば、という比較を見ることができます。私たちも、イエス様を見習いましょう!

2020年08月02日

2020/07/26、マルコ1:14-28、イエス様がなされた宣言・3


<メッセージの紹介>
「イエス・キリストは、もともとは先駆者ヨハネの弟子であった」というのが、一般的な歴史家たちの見解です。しかし、聖書のみことばは、それと正反対のことを教えてくれています。それと、この時のメッセージでは「聖書的な悔い改め」についても考えてみました。果たして、「聖書的な悔い改め」とは、どのようなものでしょうか?

それと、新型コロナ感染防止のため、2020年7月から礼拝が二部制になり、礼拝時間とメッセージの時間が短縮されるようになりました。どうか、ご了承ください。

2020年07月26日

2020/07/19、マルコ1:14-20、イエス様がなされた宣言・2


<メッセージの紹介>
「イエス・キリストは、もともとは先駆者ヨハネの弟子であった」というのが、一般的な歴史家たちの見解です。しかし、聖書のみことばは、それと正反対のことを教えてくれています。それと、この時のメッセージでは「聖書的な悔い改め」についても考えてみました。果たして、「聖書的な悔い改め」とは、どのようなものでしょうか?

それと、新型コロナ感染防止のため、2020年7月から礼拝が二部制になり、礼拝時間とメッセージの時間が短縮されるようになりました。どうか、ご了承ください。

2020年07月19日

2020/07/12、マルコ1:14-15、イエス様がなされた宣言・1


<メッセージの紹介>
「イエス・キリストは、もともとは先駆者ヨハネの弟子であった」というのが、一般的な歴史家たちの見解です。しかし、聖書のみことばは、それと正反対のことを教えてくれています。
それと、この時のメッセージでは「聖書的な悔い改め」についても考えてみました。果たして、「聖書的な悔い改め」とは、どのようなものでしょうか?

それと、新型コロナ感染防止のため、2020年7月から礼拝が二部制になり、礼拝時間とメッセージの時間が短縮されるようになりました。どうか、ご了承ください。

2020年07月12日

2020/07/05、マルコ1:9-13、イエス様のバプテスマ・2


<メッセージの紹介>
イエス様は、あのバプテスマのヨハネから、バプテスマ(洗礼)を受けられました。しかし、イエス様には、私たちと同じようなバプテスマは必要ありませんでした。では、イエス様が受けられたバプテスマには、どのような意味があったのでしょう?

この日から、「礼拝の自粛」を一旦解除して、皆で集まる礼拝に戻りました。そこで、礼拝の自粛前に学んだメッセージの続編を学びました。YouTubeでは、その後編しか公開されていませんが、下記にある「メッセージの原稿」をご覧くださいますと、前半部分の原稿も見ることができます。

それと、新型コロナ感染防止のため、2020年7月から礼拝が二部制になり、礼拝時間とメッセージの時間が短縮されるようになりました。どうか、ご了承ください。


2020年07月05日

2020/06/28、ピリピ 3:17−21、あなたの国籍はどこにありますか?


<メッセージの紹介>
この日は「救い」と言うか、天に国籍を与えられたクリスチャンの生き方について考えてみました。「本当に救われたクリスチャンが持つべき目線」とは、①向上を目指している者にこそ目を留める、②地上のことばかりに目を奪われすぎない、③神様が与えてくださる報いに目を向ける、ということでした。
イエス様は、『あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。』と教えてくださいました。果たして、あなたの目線はどこに向いているでしょう?

この日は、動画を録画したパソコンの問題で、映像と音声に若干のズレがあります。ご了承ください。

2020年06月28日

2020/06/21、Ⅱテモテ 2:1-6、クリスチャンとして成熟していくために


<メッセージの紹介>
この日は「父の日」ということもあって、クリスチャンの成熟について考えてみました。ここのみことばは、私たちクリスチャンの成熟を分かりやすく、①教師、②立派な兵士、③競技者、④農夫という4つのイメージを使って教えてくれています。願わくは、すべてのクリスチャンが成熟していきますように…。

2020年06月21日

2020/06/14、Ⅱテモテ3:12–17、聖書がもたらしてくれる神の恵み


<メッセージの紹介>
「神のみことばである聖書」は、どのような恵みを私たちに与えてくれるのでしょう?聖書のみことばは、私たちに①救いの恵みと、②霊的な成長をもたらしてくれます。ますます、この聖書のみことばを真剣に学ぶ者となっていきましょう!


2020年06月14日

2020/06/07、マタイ5:13–16、あなたに与えられた務め


<メッセージの紹介>
イエス様は、山上の説教で、弟子たちに対して「あなた方は、地の塩、世の光である」と教えてくださいました。神様が、私たちのことを変えてくださった恵みについて、そして、その恵みに答えようとしない”愚かさ”について学びました。クリスチャンの基本です。

2020年06月07日

2020/05/31、Ⅰテモテ1:12-17、見本とされたあなた


<メッセージの紹介>
今は、「新型コロナ禍」のため、皆が様々なストレスを抱えています。しかし、天の神様は救われたクリスチャンたちのことを①強めてくださるし、②いかなる時も喜びを与え、③神のために用いてくださいます。初めから成熟したクリスチャンはおりません。弱く愚かな私たちを成長させてくださる、神様の恵みについて考えてみましょう!

2020/05/03の礼拝以降、それまでのiPhoneではなく、ちゃんとしたマイクを使って音声を録音&配信しましたので、少しは聞きやすくなったと思います。それと、5/3以降、YouTubeの画面にワイプを入れるようにしてみました。

2020年05月31日

2020/05/24、ローマ12:1、神が受け入れてくださる礼拝・2


<メッセージの紹介>
今は、「新型コロナ禍」のため、皆で集まって礼拝を捧げることができません。そんな時だからこそ、この日は、「神が受け入れてくださる礼拝」について考えてみました。

2020/05/03の礼拝以降、それまでのiPhoneではなく、ちゃんとしたマイクを使って音声を録音&配信しましたので、少しは聞きやすくなったと思います。それと、5/3以降、YouTubeの画面にワイプを入れるようにしてみました。


2020年05月24日

2020/05/10、ローマ12:1、神が受け入れてくださる礼拝・1


<メッセージの紹介>
今は、「新型コロナ禍」のため、皆で集まって礼拝を捧げることができません。そんな時だからこそ、この日は、「神が受け入れてくださる礼拝」について考えてみました。

2020/05/03の礼拝以降、それまでのiPhoneではなく、ちゃんとしたマイクを使って音声を録音&配信しましたので、少しは聞きやすくなったと思います。それと、5/3以降、YouTubeの画面にワイプを入れるようにしてみました。


2020年05月10日

2020/05/03、ヨハネ4:1-39、イエスは真の礼拝を要求する


<メッセージの紹介>
今は、「新型コロナ禍」のため、皆で集まって礼拝を捧げることができません。でも、そんな時だからこそ、今日は、ヨハネ4章に記されてあるサマリヤの女のエピソードから、礼拝について、また、「本当の救いに見られる3つのステップ」について考えていきましょう!

タイトルをご覧くださったら分かる通り、この日のメッセージは「イエスの福音」を参考にしてあります。

この日の礼拝以降、それまでのiPhoneではなく、ちゃんとしたマイクを使って音声を録音&配信しましたので、少しは聞きやすくなったと思います。それと、この日以降、YouTubeの画面にワイプを入れるようにしてみました。


2020年05月03日

2020/04/26、マルコ12:28-34、1番大切な命令?


<メッセージの紹介>
聖書の中には数多くの教えや命令が書かれてあります。しかし、そういった中で、イエス様は「1番大切な命令」として、どのようなことを教えてくださったでしょうか?どうか、私たちが最も優先すべき教えに耳を傾けてみてください。

この時は、iPhoneを使って録画&配信をしたので、マイクの音量が小さいですが、どうかご容赦ください。


2020年04月26日

2020/04/19、イザヤ43:1-7、あなたは高価でも、尊くもない?


<メッセージの紹介>
「わたしの目には、あなたは高価で尊(たっと)い。わたしはあなたを愛している。」現代、多くのキリスト教会で、このみことばが誤用されています。あなたは、このみことばの前後(≒文脈)を読んだことがありますか?どうか、この有名なみことばを正しく理解(解釈)して、あなたの信仰生活に適用してください。
私たちは価値があるから救われたのではありません。価値を失ってしまった私たちを、神が価値ある者へ変えてくださったのです。どうか、その”秘訣(恵み)”を知ってください。すべてのクリスチャンに聞いてほしいメッセージです。

この時は、iPhoneを使って録画&配信をしたので、マイクの音量が小さいですが、どうかご容赦ください。音声が聞こえづらい場合は、メッセージの原稿をご覧ください。

2020年04月19日

2020/04/12、ヨハネ19:28-30、十字架でのあがない


<メッセージの紹介>
この日は、2020年のイースター(復活祭)でした。そこで、私たちはもう1度、「イエス様がかかってくださった十字架とは、どのようなものであったのか?」ということを振り返りました。

この時は、iPhoneを使って録画&配信をしたので、マイクの音量が小さいですが、どうかご容赦ください。


2020年04月12日

2020/04/05、エペソ2:1-10、私たちが救われた理由


<メッセージの紹介>
果たして、「私たちは価値があるから救われた」のでしょうか?確かに、現代は多くのキリスト教会がそう教える傾向にあります。しかし、聖書(特に、エペソ2:1-10)のみことばは、それとは全く正反対のことを教えてくれています。どうか、「私たちが何を信じたいか?」ではなく、「聖書のみことばが、どのように教えてくれているか?」ということに集中して、メッセージをお聴きください。

この時は、iPhoneを使って録画&配信をしたので、マイクの音量が小さいですが、どうかご容赦ください。


2020年04月05日

2020/03/29、ローマ8:28、苦難を乗り越えた信仰者たち


<メッセージの紹介>
「新型コロナ禍」の中にあって、今、私たちは大変な状況に置かれています…。そんな状況の時にこそ、真の神様とその神様がなしてくださった御業に目を留めるべきです。この時は、①ピリピの町で投獄されたパウロ、②数々の災害にあった、旧約時代のヨブに目を向けて、「天の神様が常に最善だけをなしてくださる!」ということを学びました。

この時は、iPhoneを使って録画&配信をしたので、マイクの音量が小さいですが、ご容赦ください。


2020年03月29日

礼拝動画の配信を始めました

HP管理者がHP作成の初心者なので、どうなるか分かりませんが、YouTubeに配信している当教会の礼拝の様子を、幾つかここで紹介してみます。もし興味があれば、ご覧ください。 m(__)m

2020年03月28日