森田達治兄の証しとメッセージ


●森田達治兄の写真(1985年、20歳の頃)

この度、私たちの教会と深く長い付き合いのあった森田達治(もりた たつじ)兄の証しとメッセージを公開させていただくことになりました。

森田達治兄は1965(昭和40)年、大阪府守口市で生まれました。その後、ご家族で大阪府堺市へ引っ越して、小学4年生の時、イエス・キリストを真の神、自分の救い主として信じ受け入れます。
18歳でフルタイムの献身をした森田達治兄は、教会で訓練を受けた後、大阪、愛知の春日井、愛媛、北海道の札幌、長野県などで伝道に励みます。1990年、20歳の時には旧ソ連に赴き、秘密警察の尾行・追跡をかいくぐって、現地のクリスチャンに聖書を持って行ったこともあります。
そんな中、森田達治兄は25歳で結婚し、その後、5人の子どもたちが与えられ、長野県で幸せな結婚生活を送っていた時、ある病魔が彼を襲いました。

2008年10月、少し前から続いていた咳がひどくなり、喘息や結核などを疑って病院を受診すると「肺が白くなっているし、肺がんかも知らない」ということで検査入院することになりました。
その検査の結果、末期の肺がんであることが判明。「非小細胞性低分化腺がん、ステージ4、余命1-3ヶ月」と診断されました。当時、森田達治兄は43歳で、5人のお子さんたちは、一番上が高校1年、一番下の子が生後半年ほどでした。

その診断結果を聞いた森田達治兄は驚きましたが、「これも最善なる神様のみこころ。私は間違いなく、イエス様のおられる天へ行くことができる!」という強い確信のもと、それ以降は、肺がんという病気を公表しながら伝道を続けていきます。
闘病生活を送りながら、森田達治兄は、自分の召天式の準備も進めていきます。当時の牧師と召天式のメッセンジャーについて相談した時、「あ、オレオレ!オレがやる!」と話して、その言葉通り、召天記念式では、森田達治兄が生前に語っていたメッセージのビデオが流されました。あなたは、召天されたご本人がメッセージを語ってくださった召天式に参加したことがありますか?

2009年1月12日(月)、森田達治兄は43歳の若さで天に召されていきました。コテコテの大阪人で大食漢、誰とでもすぐに仲良くなるような性格で、大勢の方から愛されたクリスチャンでした。召天式には、森田達治兄を偲んで、250名を超える方々が参列してくださいました。

今回、YouTubeチャンネルで公開させていただいたビデオは、その森田達治兄が病気を知った時、所属していた「あずみ野ファミリーチャペル」で、そのことを報告された時のビデオ(①)と、後日、その教会でメッセージをされた時のもの(②)です。
また、このHPでは、八田西CCのYouTubeチャンネルでは公開していない、森田ファミリーのスライドショー(③)の他、森田達治兄が2006年(④)と2007年(⑤)にメッセージをされた時の動画(計5本)を紹介させていただいています。

あなたは、ご自分の造り主なる真の神様をご存知ですか?死後、あなたはどこへ行かれますか?もしも、あなたが余命宣告されたら、何か後悔することはありませんか?あなたは今、価値ある人生を歩んでおられますか?

森田達治兄は43歳で突然余命1-3ヶ月を宣告されて、その宣告通り、約3ヵ月後に天へ召されていきました。しかし、森田達治兄は最後まで自分の人生を後悔したり、希望を失うことはありませんでした。それは、森田達治兄が真の神であられるイエス・キリストを自分の救い主として信じていただけでなく、そのイエス様に対して忠実に歩み続けていたからです。

『私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。』Ⅱテモテ4:7-8

動画を見てくださったら分かる通り、森田達治兄は食べることが大好きでした。何と、森田兄の病室へ食事を運んでいたお盆には、その名前の横に「大盛り」というサインが付けてあったそうです。また、森田兄が天へ召された日の朝食ではパンを3枚も食べられたそうです(笑)。しかし、そんな森田兄が、恐らく(冗談)、食べることよりも優先されたのは、「イエス様の十字架と復活」そして「信仰による救いを伝えること」でありました。どうか、森田兄が必死になって伝えようとされた福音のメッセージをお聞きください!

今回、このビデオを公開するに当たって、そのことを快く承諾してくださった森田ファミリーの皆様、そして、あずみ野ファミリーチャペルの皆様に心から感謝いたします。
文責:土井義広

あずみ野ファミリーチャペルのHPへジャンプする場合は、下のアイコンをクリックしてください。




①このビデオは、2008年11月23日、森田達治兄が病気を宣告されてすぐ、その病気を所属教会(あずみ野ファミリーチャペル)で報告した時のものです。


②このビデオは、2008年12月14日、病気療養中の森田達治兄が所属教会(あずみ野ファミリーチャペル)で礼拝メッセージを語った時のものです。


③このビデオは、召天式の時に流された「森田ファミリーを中心としたスライドショー」です。森田達治兄の明るく、また、おおらかなお人柄が伝わってくると思い、公開させていただきました。

④このビデオは、2006年5月21日、森田達治兄が所属教会のあずみ野ファミリーチャペルで、礼拝メッセージを語った時のものです。聖書個所は、創世記32章1-32節です。

⑤このビデオは、2007年2月11日、森田達治兄が所属教会のあずみ野ファミリーチャペルで、礼拝メッセージを語った時のものです。聖書個所は、Ⅱテモテへの手紙3:14-4:5です。


#森田達治 #あずみ野ファミリーチャペル #クリスチャン #証 #末期ガン #肺ガン

2021年10月19日