2020/11/15、マルコ5:1-20、悪霊たちでさえ従うイエス


<礼拝メッセージの紹介>
ここマルコ5:1-20には、イエス様が、ある人物から悪霊を追い出したことが記されてあります。しかし、当時のゲラサ地方の人たちは、そんなイエス様のことを追いやってしまいました。それは何故でしょう?

そもそも、イエス・キリストとは一体何者なのでしょう?この方は「キリスト教の開祖」と言うべきでしょうか?それとも、天の父なる神が遣わされた「約束の救い主」なのでしょうか?はたまた「稀代の嘘つき」でしょうか?

聖書のみことばによれば、この判断は、私たちの人生の方向性を大きく変えるだけでなく、あなたの永遠をも左右する問題です。どうか、決して、いい加減に済ませることなく、このメッセージを耳を傾けてください。

2020年11月15日