2022/06/12 エペソ3:10-13「パウロに与えられた務め③」

<メッセージの紹介>
この時は3回シリーズで、エペソ3章1-13節のみことばから「神がパウロに与えられた務めとは?」というテーマで学ぼうとしていました。この日は、その第3回目の学びでした。

神様は、使徒パウロに「福音に仕える」という務めを与えられました。そのために、パウロは、『キリストの測りがたい富を異邦人に宣べ伝え』、また、『奥義の実現』を明らかにするために用いられました。
感謝なことに、神様は、そのパウロに『神の力』を与え、一緒に『働き』をなしてくださいました。だから、パウロを通して、多くの救われる人たちが起こされて、神の福音(のメッセージ)が全世界に広まっていったのです。

そういったことを通して、『天にある支配と権威』つまり、天の御使いたちにも、教会をとおして神様の偉大さが明らかにされました。と言いますのは、天使たちには救いの恵みが用意されておらず、御使いたちは救いを経験することがないからです。救いは、神が私たち”人間にだけ”備えてくださった大きな恵みなのです!
また、私たちクリスチャンは、キリストのからだに属する者となったことで、大胆に神に近づくことができます。私たちイエス様を信じて救われた者たちは皆、救い主なるキリストにつぎ合わされたのです!そして私たちは、ますます主なるキリストに似た者へと変えられていくことができます!
確かに、イエス様や聖書のみことばは、私たちクリスチャンに、信仰ゆえの迫害が襲ってくることを予告してくれています。しかし、天の神様は、そういった迫害さえも、神の栄光(≒奥義の実現、福音宣教)のために用いてくださるのです。

イエス様も、また聖書のみことばも「(神の導きのゆえに)真理を見出して、本当に救われる者は”まれ”である。少数派である!」ということを教えてくださいました。どうか、神の真理を探究するために、また、本物の救いに預かるためにも、このメッセージをお聞きください!

※メッセージの原稿は、この動画が公開されてから1週間ほどで、八田西キリスト教会のHP内で公開する予定です。

#八田西キリスト教会 #土井義広 #エペソ #エペソ人への手紙 #神の恵み #務め #奥義 #キリストの奥義 #福音に仕える #奥義の実現 #十二人の怒れる男 #救いの素晴らしさ #天使 #御使い #聖霊のバプテスマ #聖霊の内住 #沈黙 #遠藤周作 #吃音

<礼拝動画の構成とタイムライン>
0:00 礼拝動画の開始
2:23 礼拝の開始
11:03 メッセージの開始(導入&命題:神がパウロに与えてくださった務めとは? )
13:43 ポイント1・パウロに務めを与えられた、神様のご計画!(1-6節)
17:28 ポイント2・パウロに与えられた務めの内容!(7-9節)
21:31 ポイント3・パウロが務めを果たした結果!(10-13節)
22:47 ①神の栄光が天使たちにも現わされる!
31:04 ②救われた者が、神にならった歩みをするようになっていく!
39:41 ③迫害を通しても、神の栄光は現わされていく!
57:21 メッセージ終了


2022年06月12日